2015年05月18日

ドラフト準備スタート

今週末か月末にキルトクールPOGの新シーズンのドラフトが行われるのですが。。。
本日競馬ブックを入手。本格的にドラフト準備スタートと相成りました。

とりあえずめぼしい馬を50頭弱ピックアップして、これから絞り込むんですが、今回掲載された馬はどうもディープ産駒が少ない気が。。。
そしてとある厩舎の馬が全く掲載されていないという異常事態。。。
第2回まで待つか悩ましいところです。

今のところ第1回では8〜9頭を選ぼうかと思っています。
今年もこういった馬を選べたらよいのですが。。。
201412210003-spnavi_2014122100005_view.jpg

ただ指名順を決めるだけというのはどうやら違うようです。
またまた悩ましい日々が始まります。w
それがまた楽しくもあるわけですが。。。
posted by Pochi at 21:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

キルトクールPOG 、着々と準備ちう

本日ザッツPOGゲットん!
これで後は次の月曜発売の競馬ブックだけ。(これが一番大事なのだが…。)

ある程度方針は決まっているので、悩むのは指名順だけかな…。
posted by Pochi at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

今シーズンの戦いは始まっている。

5月18日発売の競馬ブックに東西2歳馬の一覧が掲載され、オークス当日にキルトクールPOGのドラフトが催される流れになりそう。

今シーズンのリアルPOGは、選んだ馬達が頑張ってくれたおかげで、幸運なことに僅差ながらトップと今までにない好成績であります。
とくに頑張ってくれたのはこの子!
201412210003-spnavi_2014122100005_view.jpg

好成績でもそうでなくても、例年そうなのですが「楽しんで自分の選んだ馬達を応援する」スタンスで、そのオマケのような形でちょっとでもプラスになったらいいなぁと思っています。

で、本日青本をゲットしてさっそくCSVデータをダウンロードしたのですが、これが実に素晴らしい!
おいらのPOGでの重要な馬選びの要素である母出産時の馬齢情報も今年から追加され、他の追随を許さないくらいの充実度です。
このデータだけでも戦えそうな感じです。
ポイントは
○厩舎と種牡馬の組合せ
○阪神芝1600、中山芝2000に適合しそうな血統をさがすこと
○新種牡馬からも2〜3頭選んで楽しむこと
○悩んだ時には母出産時馬齢を参考に

って感じで考えてます。
昨今のPOGでもポイントになると思いますが、キルトクールPOGでは特に大きなポイントとして関東馬をどう選ぶのかがポイントになりそうです。
さてさてどうしたものか。。。

まぁ「ああでもない、こうでもない」と考える時間もまた楽しいもので、青本をみてゆっくり考えたいと思います。

P.S.
そうそう。井崎センセの登場するザッツPOGも面白いので買おうと思います。
posted by Pochi at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

POG馬全馬がようやく。。。

日曜の東京5RにPOG・ドラ1のディープジュエリーの出走がほぼ確定。これでようやくPOG馬12頭すべてがゲートに。。。

それにしてもまさかドラ1のデビューがここまで遅くなるとは。。。でも出走できそうで何より。ホッ!
鞍上は柴山騎手。掲示板では「どうなのよ?」的なコメントが見受けられるけど今年6勝をあげており、現在リーディング15位なのでまぁ問題ないでしょ。

国枝調教師は指名馬・ダノンプラチナの調教師でもあるので、ここは勝ってくれるとうれしいなぁ。。。
ラジオ(Radiko)で応援するぞ。
ぐぁんばれ〜
b6309f8c-s.jpg
posted by Pochi at 23:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

祝!キルトクールPOG G1初勝利! ダノンプラチナが朝日杯FS制覇 

まさかこんな早くにこの日が訪れるとは思いませんでした。
2歳王者はダノンプラチナ! 蛯名騎手・ディープ産駒のGI連勝!/朝日杯FS
直線は力が入りました。今年二度目の大絶叫でした。w

ところで今シーズンのPochi厩舎の指名馬一覧をみて気づいたんですが、なんとダノンプラチナは最後の指名順。(第2回ドラフトでは2番目ではあるのですが。。。)
この例にもれず、POGとは上位指名馬が走るわけではない(おいらの場合、特に顕著w)ので難しくもあり、そこがまた面白いところでもあります。

ただ自分のPOG基本戦略的にはまだ勝ち上がり馬が2頭しかいないのがどうも。。。年内にあと1頭は何とか勝ち上がってほしいんですがはたしてどうなりますやら。
でも今日はG1初勝利の余韻に浸ろうと思いますw
posted by Pochi at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

POIG2014-2015メモ

次の日曜にキルトクールPOGの2015年度のドラフトが行われることになっているのだが、それに向けてのメモ書きを残しておくべ。
○「一家に一台 マツパク牝馬」というが今年もまたというのは???何故かというとマツパクさんちは1年おきしか牝馬の活躍馬は出ていないから。今年は2頭出たから来年は軽視の方向で。
○今シーズンの牝馬は関東の厩舎を狙いたい。昨年度ちょっと不振だった手塚厩舎あたりが狙い目。
○そのほかで狙い目の厩舎は関西では石坂、矢作、角居厩舎、関東では鹿戸、堀厩舎あたりか?
○種牡馬は阪神芝1600と中山芝2000で良績を残せそうな配合を狙う。(2歳牝馬GIが阪神芝1600で2レース、また中山芝2000はGIと同額賞金のホープフルSが新設された)
○阪神芝1600はディープ産駒 母父Storm Cat もしくは 母系にミスプロ系
○中山芝2000はステゴ産駒 面白いのはヘイロークロス
○できれば指名予定馬の入厩、調教の状況を知りたいところ。いいサイトはないものか??

とりあえずこんな感じだろうか。
何はともあれ、明日発売の競馬ブックを入手してからだ。
posted by Pochi at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

祝!キルトクールPOG重賞初勝利! ユールシンギング、セントライト記念制覇

キルトクールPOGを初めて2年とちょっと。遂にこの日がやってきました。

ユールシンギングが激戦のゴール前で抜け出し、菊切符をゲット/セントライト記念

内枠のキッターの面目躍如といったところでしょうか。
馬券もキルトクールPOG馬4頭のワイドボックスで的中!ちょっとだけ(90円)しかプラスにはならなかったですが、POGをやってると馬券が当たる以上に嬉しいことってあるんですね。
(あやうく仕事中にガッツポーズしてしまいそうにwww あぶない、あぶない。)

今年は菊花賞は厳しいかなぁと思っていた矢先のGood Luckで、菊花賞がホント楽しみになりました。
posted by Pochi at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

集結! - マーガレットS予想 -

今日はオルフェの緒戦・産経大阪杯ですが、私的にはこちらが注目レース。
それにしてもキルトクールPOGってとんでもないPOG。
朝日杯、スプリングS勝ちのロゴタイプ、札幌2歳、東スポ杯勝ちのコディーノ、弥生賞勝ちのカミノタサハラ、京王杯、シンザン記念勝ちのエーシントップ、京成杯勝ちのフェイムゲーム、若葉S勝ちのレッドルーラ。
皐月賞トライアルで全勝ってありえます?

こんなPOGですから3歳オープンクラスには当たり前のように出走馬が名を連ねるわけで。。。
ただこのマーガレットSにはなんと5頭も出走してきた。
自厩舎は今年に入ってからノーポイントなので、そろそろ。。。

 
 

(C)ブログパーツ提供:競馬予想D/開発:競馬インジケータ指数


ここを勝ってNHKマイルCに出走してほしい自厩舎POG馬・タイセイドリームに期待!
あとはキルトクールPOG馬を全馬買うことにする。

馬連ボックス 6,9,10,11,16

ちなみに大阪杯は買わないけど、オルフェは負ける可能性はじゅうぶんあると思う。
なんせフジテレビの福原アナが現地に行った昨年の天皇賞春で大敗したからね。
まぁみるレースでしょ。
posted by Pochi at 12:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

キルトクールPOG2012-2013 ドラフト2回目指名馬

先週の月曜日発売の競馬ブックに2歳馬の第二弾が掲載されて、キルトクールPOGも2回目ドラフトが行われたわけだけど、それにしても
2回目は食指が伸びる馬が見当たらない!
リヤンドファミユ(オルフェーヴルの全弟)はハナから取る気はなかったけど、角居、矢作、国枝厩舎で良さ気な馬が見当たらないんだよねぇ。

でも走る馬は2回目もいるはずで、隠れた実力馬(素質馬)を発掘するのもPOGの醍醐味。いわばこういうときにいい馬を選んでこその相馬眼でしょ。

というわけで、第11位指名馬からいってみよう。
第11位 フラムドグロワール
父:ダイワメジャー 母:シルクプリマドンナ(母父:ブライアンズタイム)
母出産時馬齢:13歳
生産:ノーザンファーム
馬主:シルク
厩舎:藤沢和雄(美浦)

2回目関東の第1位。藤沢厩舎だけにちょっと悩ましかったけど。。。
生産、馬主は問題ないし、母は2000年のオークス馬という良血馬。
既に新馬戦を勝っているけれど、先々が楽しみ。次走は新潟2歳Sの模様。意外と指名馬初の重賞勝ち馬はこの馬かも。。。

第12位 タイセイドリーム
父:ディープインパクト 母:モアザンベスト(母父:Giant's Causeway)
母出産時馬齢:8歳
生産:千代田牧場
馬主:田中成奉
厩舎:矢作芳人(栗東)

2回目関西の第1位。「タイセイ」でお馴染みの馬主さんも2歳〜11歳までで77頭(抹消馬含む)も所有しているので、そろそろ活躍馬が出てもおかしくないでしょ。千代田牧場は名門だし、厩舎もGood。期待したい。

今回は完全ウィーバー制だったけど、今回も先に取られた馬もいなかったので、これで指名かぶりなし記録は「連続24頭」に更新。

とんかくこれでようやく全馬ゲートイン!シーズンがスタートです。
もちろん指名馬からGI馬や重賞勝ち馬が出てくれたら言うことなしだけど、とにかく今年1年もPOGを楽しみましょ。
posted by Pochi at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

キルトクールPOG・2012-2013ドラフト回顧(その3)

来週の競馬ブックに追加の2歳馬が掲載されるらしい。
となればキルトクールPOGもドラフト2回目も間近だ。ここでドラフト1回目の選択馬、残り3頭を検証しておこう。
第8位 アンプリファイア
父:ダイワメジャー 母:スルーレイト(母父:フレンチデピュティ)
母出産時馬齢:8歳
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:大久保洋吉(美浦)

予定指名順13位。関東馬では5位。5連続で関東馬を指名。これで関東馬指名は完了。ダイワメジャー産駒は今年さらにブレイクするとみて3頭目の指名。母はPOG期間中に重賞(フラワーC)を2着した良血馬。コツコツとポイントを稼いでくれる馬として期待。
第9位 プリズスキャルブ
父:メイショウサムソン 母:カスタリア(母父:サンデーサイレンス)
母出産時馬齢:7歳
生産:ノーザンファーム
馬主:一村哲也
厩舎:白井寿昭(栗東)

新種牡馬からはメイショウサムソン産駒を。
今年はチチカステナンゴと良血繁殖牝馬(たとえばダイワスカーレット)の配合が目立つが、そもそもチチカステナンゴは日本の競馬場で適性を示した馬ではないから敬遠。となれば自然とメイショウサムソンに目が向こうというもの。母父サンデーというのも良い感じだ。個人馬主という点が少し不安ではあるが。。。
第10位 メガモンスター
父:アドマイヤムーン 母:アドマイヤビアン(母父:アドマイヤコジーン)
母出産時馬齢:6歳
生産:辻牧場
馬主:永井啓弍
厩舎:橋田満(栗東)

種牡馬2年目のアドマイヤムーン産駒からも選んでおこうと。。。アドマイヤだらけいうのも一興。個人馬主と個人牧場というのは少し冒険だが。。。

さてこれで1回目の指名馬は終わって、関西馬5頭と関東馬5頭で東西バランスはOK。牡馬7頭と牝馬3頭というバランスもいい。でも大きな問題が判明!
◯角居厩舎、矢作厩舎はポイントを稼ぐという意味ではいい厩舎。積極的に指名すべき。(キャトルフィーユの教え)

この2厩舎、それから国枝厩舎の馬が1頭もいないのだ。
だからドラフト2回目は、東は国枝厩舎から1頭、西は角居厩舎か矢作厩舎から1頭指名しよう。
posted by Pochi at 21:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

キルトクールPOG・2012-2013ドラフト回顧(その2)

それにしても馬券が当たらんのう。。。
まぁいいや。GIも終わったから流れも変わるべ。

さてドラフト回顧の2回目。
ここからは一気に関東馬を抑えにかかる。
第4位 メジャープレゼンス
父:ダイワメジャー 母:キャッチータイトル(母父:オペラハウス)
母出産時馬齢:7歳
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーR
厩舎:田村康仁(美浦)

予定指名順8位。関東馬では2位。POG期間中に実績のある厩舎。生産→育成→馬主もOK。ダイワメジャーは今年2年目の注目種牡馬だけに肌馬もいい馬が多いように思う。
第5位 ワナビーザベスト
父:ステイゴールド 母:シャープキック(母父:メジロマックイーン)
母出産時馬齢:14歳
兄弟:タイセイレジェンド
生産:ノーザンファーム
馬主:G1レーシング
厩舎:勢司和浩(美浦)

予定指名順9位。関東馬では3位。黄金配合だけに母馬齢に目をつぶって取りに行った。
ラインとしては問題ないでしょう。新興G1レーシングは注目のクラブ馬主ということも後押しに。
第6位 エンジェライト
父:ジャングルポケット 母:カサデアンジェラ(母父:フジキセキ)
母出産時馬齢:7歳
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーR
厩舎:手塚貴久(美浦)

予定指名順10位。関東馬では第4位。ジャンポケ−サンデーの配合馬は東京で走ってくれそうということでこの馬を。手塚厩舎はPOG期間中で好成績なので抑えておきたいところだ。
第7位 ユールシンギング
父:シンボリクリスエス 母:ジョリーノエル(母父:スペシャルウィーク)
母出産時馬齢:8歳
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
厩舎:勢司和浩(美浦)

予定指名順第7位。関東では第1位。直感ではいい感じだと思ったけど、ドラフト会場でのシンボリクリスエスの不人気ぶりがブレーキに。でも関東馬を抑えようということで取りに行った。

さて次回は最後の3頭をご紹介。それにしてもここまで都合19頭選択してきたけど、ただの1度もドラフトでの競合はない。一体いつまでこの記録は続くのだろうか?
これはこれでまた一つの楽しみになってきた。w
posted by Pochi at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キルトクールPOG・2012-2013ドラフト回顧(その1)

だいぶ時間が経っちゃったけど、ちょっと振り返っておくべか。。。
当日は昨年同様、府中の養老乃瀧でドラフトだったんですが、なんせ当日はダービーデー。
リアルPOG馬・ベールドインパクトの出走とあって現地に応援へ!
で、ベールド君は9着だったんですが、あとでビデオをみたら勝ち馬ともさほど差が開いてなかったから、秋に期待が持てる内容だったかと。。。
リアルPOG初年度でしたが、ダービー出走馬とオークス出走馬を出したので、上々ではなかったかと。
今年もまた活躍馬がでてくれたらいいなぁ。。。

というわけで今シーズンの指名馬を。他のメンバの指名馬はひろく〜ん。。。が紹介してくれると思いますので、複数の目線があっても面白かろうということであくまで自分目線で。

まずおいらはこのドラフトの大事なルールを忘れてた。それは「関西馬は6頭まで」
かなり焦ったけれど、、、実は事なきを得ることになる。
第1位 アドマイヤフォー
父:ディープインパクト 母:シーズオールエルティッシュ(母父:Eltish)
母出産時馬齢:5歳
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一
厩舎:橋田満(栗東)

予定指名順も1位。3年目とはいえディープの子供はおさえないとね。この馬を選んだ一番の理由はヘイロークロス!(といっても青本の受け売りだがw)
人のラインもほぼ問題なし。
この巡目で消えたのは、今日世代最初の新馬勝ち馬になったトーセンパワフル。(4位指名予定)
なぜ4位にしたかは兄がロジユニヴァースで、今年の方針「近い年に活躍しすぎた兄弟がいる馬は狙いを下げる」に従ったから。これは大博打だ。
第2位 エキサイトゲーム
父:ダイワメジャー 母:グッドゲーム(母父Fly Till Dawn)
姉:インパクトゲーム
母出産時馬齢:13歳
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:橋田満(栗東)

予定指名順も2位。今年2年目の種牡馬でおいらが期待したのはダイワメジャー。姉のインパクトゲームは2年前のPOG(ネットPOG)で指名した馬。いわば縁故採用。w姉の分も頑張ってもらおうということで。奇しくも橋田厩舎ワンツーになったが。。。
ちなみに10位以内指名予定馬でこの巡目で消えた馬はいなかった。
第3位 アルバタックス
父:キングカメハメハ 母:タックスシェルター(母父:フジキセキ)
兄弟:ヘヴンリークルーズ
母出産時馬齢:12歳
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
厩舎:石坂正(栗東)

予定指名順も3位。昨年は種牡馬3年目で活躍馬を出せなかったキンカメだけど、今年はローキン、アパパネの年に種付けされた産駒(のはず)だから期待度は大きいはず。リストアップしたキンカメ産駒でクラブ募集金額が5000万と最高金額で生産、馬主、厩舎とも実績じゅうぶん。
ここでも10位以内指名予定馬で消えた馬はいなかった。

さてここからは予定指名順を変更して、関東馬を5頭連続で指名することになるんだけど。。。
なんといっても昨年のドラフトから合計15頭、ただの1頭も指名馬がかち合わないのだから、関西馬を指名しなくても取られる心配は100%ありえないと確信!
ここからの関東馬5頭については次回ということで。
posted by Pochi at 00:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

POG2011-2012 ざっくり回顧(その4)

前回は競馬ブックで指名可能だった重賞勝ち馬をリストアップしたところで疲れてしまい途中で断念という、実に根性なしな終わり方でしたので、今回できっちりとやりきりたいところです。w

で調べていくうちに大きな理由の一つとして、UMAIN POGのEXCELファイルと競馬ブックとの情報の差異があったというのが挙げられるんですが、とにかく1頭ずつ見ていきましょう。

【初回(6月版) のべ13頭】
ファインチョイス
馬主が個人馬主で、しかも生産が富田牧場という馴染みのない牧場だったことがポイントか。
父・アドマイヤムーンだったので取りに行く手はあったかと思うが。。。

エピセアローム
UMAJIN POGのEXCELファイルの問題。調教師と馬主の情報がなかったので選択できなかった。

アイムユアーズ
父・ファルブラヴが選択を躊躇わせた一番の理由。父に目をつぶれば関係者としては取れない馬ではなかったように思う。

レオアクティブ
馬主と生産者があまり馴染みのない個人だったことが原因。

ディープブリランテ
生産者が非社台で選択肢に入れていなかったことがその理由。ちなみにキルトクールPOGでは7巡目で指名された馬で盲点ともいえる馬だったので、こういう馬を上位指名したいなぁと思う。

ジョワドヴィーヴル
母の出産時馬齢で引っかかった。それともうひとつはUMAJIN POGで1位指名されていたこともあった。その前の年のトーセンレーヴ、さらにその前の年の1位指名馬は活躍していなかったことがあげられる。
でも取れなかったことに後悔はない馬。

アダムスピーク
馬主がサンデーR、社台RH、吉田一族でなかったところで選から漏れた。

ジェンティルドンナ
振り返ると、馬主、厩舎、生産者は満点。母の出産時馬齢も問題なし。キルトクールPOGでも誰も指名していないのだ。完全な盲点だったと思う。
こういう馬を指名できるようになれば、確実にPOGで勝てるようになるでしょう。でもこういう馬を指名するには経験を積むしかないかも。。。

ベストディール
この馬は最終選考では残っていた馬。母父がよく知らない馬だったということで優先順位を下げた記憶がある。
厩舎を重視していたら残した可能性はある。ただドラフト3巡目で消えたから上位指名しなければとれかったともいえる。

フェノーメノ
追分ファームだったことで選から漏れた。

【2回目(7月版) のべ6頭】
モンストール
UMAJIN POGのEXCELリストでは馬名、馬主、調教師のデータがわからなかったので指名できず。

クラレント
UMAJIN POGのEXCELリストでは調教師のデータがわからなかったので指名できず。

トーセンベニザクラ
UMAJIN POGのEXCELリストでは馬主、調教師のデータがわからなかったので指名できず。

ゴールドシップ
UMAJIN POGのEXCELリストでは馬主、調教師のデータがわからなかったので指名できず。

ジャスタウェイ
この馬は最終選考では残っていた馬。馬主が非社台だったので敬遠した。

これが選べなかった重賞勝ち馬一覧だけど、結局はUMAJIN POG→競馬ブックという手順だったために選から漏れていたというのが大きな理由だったように思う。
今年は競馬ブックを使って粗々で絞り込んで、青本でさらに絞込みという手順を踏めば、重賞勝ち馬を指名できる可能性は上がりそう。

まぁ、でもこれだけ調べてもなかなか重賞勝ち馬なんて指名できるものじゃなさそうですから、欲をかかずに楽しく指名馬選びをやりましょ〜。

まずは明日から競馬ブックで粗々の選択を始めましょう。まぁめぼしいところは片っ端からピックアップしようと思います。
posted by Pochi at 00:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

POG2011-2012 ざっくり回顧(その3)

最後に今シーズンの重賞勝ち馬をピックアップして、取れなかった理由とどう発想を転換すれば指名できるのかを考えてみたい。
なお重賞勝ち馬の中には競馬ブックに載っていない馬もいるわけで、これは除外して考えることにする。
----
【初回(6月版) のべ13頭】
函館2歳S ファインチョイス(西)
小倉2歳S エピセアローム(西)
ファンタジーS アイムユアーズ(東)
京王杯2歳S レオアクティブ(東)
東スポ杯2歳S ディープブリランテ(西)
阪神JF ジョワドヴィーヴル(西)
ラジN杯2歳S アダムスピーク(西)
シンザン記念 ジェンティルドンナ(西)
京成杯 ベストディール(東)
報知杯FR アイムユアーズ(東)
スプリングS グランデッツア(西)
桜花賞 ジェンティルドンナ(西)
青葉賞 フェノーメノ(東)
----
【2回目(7月版) のべ6頭】
新潟2歳S モンストール(東)
デイリー杯2歳S クラレント(西)
フェアリーS トーセンベニザクラ(東)
共同通信杯 ゴールドシップ(西)
アーリントンC ジャスタウェイ(西)
皐月賞 ゴールドシップ(西)
----
【ブック非掲載馬 のべ13頭】
札幌2歳S グランデッツア(西)
朝日杯FS アルフレード(東)
きさらぎ賞 ワールドエース(西)
クイーンC ヴィルシーナ(西)
チューリップ賞 ハナズゴール(東)
弥生賞 コスモオオゾラ(東)
ファルコンS ブライトライン(西)
フラワーC オメガハートランド(東)
毎日杯 ヒストリカル(西)
NZT カレンブラックヒル(西)
フローラS ミッドサマーフェア(東)
京都新聞杯 トーセンホマレボシ(西)
NHKマイルC カレンブラックヒル(西)
----

これらの馬でおいらがブックに何らかの印をつけていた馬は、なんとジャスタウェイただ1頭という事実だけは明確に浮かび上がってきたわけです。

いやぁ〜これだけ調べるだけでも疲れちゃいました。分析は明日以降に持ち越しです。ふ〜しんど〜
posted by Pochi at 20:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

POG2011-2012 ざっくり回顧(その2)

今回は7位から12位の指名馬の検証を。
1位から6位はこちらをみてください。
POG2011-2012 ざっくり回顧(その1)

7位指名
9) 【ゴールドヘクター】
父 フジキセキ 母 タッチオブゴールド(母父 ヘクタープロテクター)
兄 ゴールドアグリ
母の出産時馬齢13歳
馬主 株式会社ジェイアール
厩舎 戸田博文(関東)
生産 社台ファーム

生産が社台、厩舎は戸田でPOG期間中の重賞勝ちも多い。
7位でゲット。POG48にも書いてあったけど、フジキセキ産駒は実績があるのに人気がないのでとりやすい。
来年以降も使えるぞ。

成績(1-0-0-2)
唯一の新馬勝ち上がり馬だったけど、馬主がイマイチだったか。(前回の2番目。エースドライバの教えだ。)
でも1勝してくれたからよしとしよう。今年の3歳戦のフジキセキ産駒の成績は(15-13-24-182)とイマイチ感あり。さてどうしたものか。。。

8位指名 【サンリットレイク】
※事前作成資料では指名順15番目。
父 ファスリエフ 母 サンウィルシャイン (母父 サンデーサイレンス)
兄 マシュリク
母の出産時馬齢11歳
馬主 吉田勝己
厩舎 勢司和浩(関東)
生産 ノーザンファーム

ドラフト会場が??に包まれた馬。父はヌレイエフ×ミスプロの血統で無敗(5戦5勝)で引退した馬。母父がサンデーでもあり、「もしかしてやってくれるかも!」という期待はある馬だ。(兄のマシュリクは芝で4勝)

成績(0-2-0-3)
近2走で2着、2着とやっと勝てそうな感じになってきた。でもダート馬だった。。。キルトクールPOGではダート馬は圧倒的不利なだけに失敗といえるかも。新種牡馬で馴染みのない馬は避けたほうが無難というところか。

12) 【スノードン】
父 アドマイヤムーン 母 スノーリンクス(母父 Lemon Drop Kid)
兄 ヒマラヤ
母の出産時馬齢7歳
馬主 H.H.シェイク・ハムダン
厩舎 安田隆行(関西)
生産 ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

こちらも活躍が期待できる新種牡馬アドマイヤムーンの産駒。ドバイのモハメド殿下の息がかかった馬で怪しさもあるが、厩舎がいいので狙ってみた。9位で指名できた。

成績(2-0-0-7)
指名馬最初のオープン勝ち馬。最低人気で萩Sを勝った時に単勝万馬券を取り逃がしたのは痛かった。orz
でも京成杯でもしぶとく5着でポイントゲットしてくれたので指名成功と言っていいでしょ。アドマイヤムーン産駒は今年は2年目だからきっちり指名した方がよさそうだ。

10位指名 【フロムクローバーズ】
※事前作成資料では指名順18番目。
父 ダイワメジャー 母 フェリシア (母父 グラスワンダー)
母の出産時馬齢7歳
馬主 有限会社サンデーレーシング
厩舎 上原博之(関東)
生産 社台ファーム

馬主、厩舎、生産はOK。母フェリシアもPOG期間中に重賞勝ちがある。新種牡馬ダイワメジャーの唯一の指名馬。そして唯一の牝馬だ。

成績(0-0-0-5)
芝マイル前後でダメ、ダートでダメ、芝短距離もダメということで芝中長距離に路線を変更した模様。3歳戦の上原厩舎は今年の3歳戦は(1-1-1-39)と成績がよくない。ダイワメジャーを出したけど近年はイマイチのようだ。POGで関東馬をとる際は国枝厩舎以外はよ〜く考えないと。。。

ここからはBlogに書いていない11位以降の指名馬です。
11位 キャトルフィーユ
父 ディープインパクト 母 ワンフォーローズ (母父 Tejano Run)
姉 レディアルバローザ
母の出産時馬齢10歳
馬主 ロードホースクラブ
厩舎 角居勝彦(関西)
生産 ケイアイファーム

数少ないディープインパクト産駒指名馬。姉もPOG期間内にポイントをとっていて、全体的に欠点が少ないと思った。

成績(2-1-0-3)
忘れな草賞勝ちで来週のオークスに登場予定!指名成功ですね。角居厩舎はウオッカ以来、POG期間中に大物を輩出しなくなった感じだけど、今年の3歳戦は(13-3-7-32)と好成績。ポイントを稼ぐならうってつけの厩舎かもしれませんね。

12位 モズブラッド
父 サクラバクシンオー 母 グランプリオーロラ (母父 ウォーニング)
姉 グランプリエンゼル
母の出産時馬齢8歳
馬主 北側雅司
厩舎 矢作芳人(関西)
生産 目黒牧場

指名理由は3つ。POG期間中の勝ち上がり率の高いサクラバクシンオー産駒。姉がPOG期間中にNHKマイルC3着と活躍。矢作厩舎は朝日杯、NHKマイルCを勝ったグランプリボスを出している。

成績(0-0-1-4) 登録抹消
馬主と生産が問題だったか。。。POGの場合、生産はやはり社台グループなんだなぁ。。。矢作厩舎はディプブリランテも出しているので、今年も注意したいところ。

というわけで教訓を。

◯新種牡馬は馴染みのない馬は避けたほうが無難。今年で言えばチチカステナンゴかな。(サンリットレイクの教え)
◯アドマイヤムーン産駒は今年2年目だから積極的に指名すべし。(スノードンの教え)
◯フジキセキ産駒はPOG48では推奨されていたが今年の3歳戦の成績はイマイチ。要注意か。(ゴールドヘクターの教え)
◯角居厩舎、矢作厩舎はポイントを稼ぐという意味ではいい厩舎。積極的に指名すべき。(キャトルフィーユの教え)
◯上原厩舎のPOG期間の成績はイマイチ。関東所属馬は国枝厩舎以外は避けたほうが無難か。(フロムクローバーズの教え)
◯ベタでも社台グループ生産馬を中心に指名すべし。個人経営の牧場はPOGでは避けたほうが無難。


この1年で結構いろいろな教訓が得られた気がします。これらの教訓を生かして今年こそ重賞勝ち馬を指名出来れば万々歳ですが。。。

次回(3回目でたぶん最終回)は指名できなかった活躍馬から教訓を導き出したいと思います。
posted by Pochi at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

POG2011-2012 ざっくり回顧(その1)

まだオークス、ダービーが終わっていないのに回顧をするというのも変な話だけど、今年からダービー終了後から新馬戦が始まるので、そろそろPOGのドラフトリストを作成しないといけないわけで。。。
その前に今年のまとめと反省をしておかないと、今年の指針も立てられない。

2011−2012年の指名馬・指名理由・結果と検証、活躍馬・選択できなかった理由を自分なりに考えて記録しておこう。
まずは指名馬の方から。
こんなときのために前回のドラフトで選択した馬とその理由を書き残しておいたのが役に立つはず。
キルトクールPOG・ドラフト回顧(事前準備編 その1)
キルトクールPOG・ドラフト回顧(事前準備編 その2)
キルトクールPOG・ドラフト回顧(にゃんこ祭り!)

指名順にみていこう。
1) 【エースドライバー】
父 フジキセキ 母 カツラドライバー(母父 ニホンピロウィナー)
母の出産時馬齢は11歳
姉 エフティマイア(桜花賞、オークス2着)
馬主 キャロットファーム
厩舎 鹿戸雄一(関東)
生産 ノーザンファーム

確実性ならばフジキセキとサクラバクシンオー。ここはフジキセキを選択。母方も活躍馬をだしているし、厩舎も悪くない。

成績は(0-0-0-6)
ドラフト指名順も1位。でも今考えれば下位でも十分指名できた馬。
セン馬になった時点でアウト。キャロットファームは避けたほうがよいということか。。。

ちなみに2番指名でとったローゼンケーニッヒとはこんな馬
【ローゼンケーニッヒ】
父 シンボリクリスエス 母 ローズバド (母父 サンデーサイレンス)
兄 ローズキングダム
母の出産時馬齢は11歳
馬主 サンデーレーシング
厩舎 橋口弘次郎(関西)
生産 ノーザンファーム

良血で馬主、厩舎、生産も文句なし。一発狙いはこの馬!

2位指名を予定していたトーセンシーザーを取られたのでこちらに切り替え。
成績(1-1-0-1)
勝ち上がったものの若葉Sは大幅な馬体重減で大敗しクラシックに乗れず。ダービー当日の500万条件戦で復帰予定。せめて少しでもポイントを稼いでもらおう。
柳の下にドジョウは何匹もいないということだろうが選ぶ基準はそう悪くなかったと思う。父シンボリクリスエスはあれこれ言われているが、アルフレード(朝日杯勝ち、NHKマイルC・2着)を出したから、今年産駒がいたら指名する手もあるだろう。

3位指名 【アルフェロア】
※事前作成資料では指名順19番目
父 シンボリクリスエス 母 マルカキャンディー(母父 サンデーサイレンス)
兄 ベルシャザール
母の出産時馬齢13歳
馬主 吉田照哉
厩舎 戸田博文
生産 社台ファーム

大幅ジャンプアップ!馬主、厩舎、生産とも文句なし。母父サンデーもOK。ただどうやらこちらをみるとシンボリクリスエスはイマイチらしいのだが。。。
2011〜2012キルトクールPOG総括。。。
ただやはりこれだけ大挙していい肌馬に付けられていることは見逃せないところ。ブレークする方に賭けてみたい。

成績(0-1-0-4)
掲示板には常に載るものの勝ち上がれず。もどかしい〜の馬の典型。(ちなみにダービー当日のダート未勝利戦出走の模様。)
兄(ベルシャザール)が良績を上げたのをみて飛びついたが、活躍馬の弟(妹)ということで飛びつくのは考えものというところか。。。このあたりがPOGの難しさだ。

4位指名 【ベールドインパクト】
※事前作成資料では圏外だった。
父 ディープインパクト 母 ヴァイオレットラブ(母父 ドクターデヴィアス)
姉 コイウタ
母の出産時馬齢12歳
馬主 有限会社社台レースホース
厩舎 大久保龍志(関西)
生産 社台ファーム

今回指名の唯一のディープ産駒。馬主、厩舎、生産とも問題なし。姉は重賞勝ちがあり桜花賞3着と活躍した。
まず文句ないところだ。ある意味よくとれたなぁと思ったりする。

成績(2-2-1-2)
わが厩舎の稼ぎ頭になってくれた。オープン勝ちに重賞2着と3着。見事に期待に答えてくれた。次回もこういう馬を取りたいもの。

5) 【カフェルネッサンス】
父 フジキセキ 母 ミルグレイン (母父 Polish Precedent)
兄 ファイングレイン
馬主 西川光一
厩舎 松山康久(関東)
生産 社台ファーム

確実性を狙ってフジキセキ産駒を。高松宮記念馬・ファイングレインの全弟という良血。ドラフト当日は取られることはないと見て5番目に回し、一発狙いの超良血馬を上位指名することに。。。

成績(0-0-0-2)
ダート2戦で大敗。どうやらこのまま勝ち上がれず終わりそうな雰囲気。個人馬主は吉田一族以外はPOG向きじゃないということなんだろうなぁ。。。

6) 【コンパルソリー】
父 サクラバクシンオー 母 ホリデイオンアイス (母父 ダンスインザダーク)
馬主 吉田照哉
厩舎 庄野靖志
生産 社台ファーム

こちらもヒット狙いのサクラバクシンオー産駒。母父はサンデーの子。馬主と生産はGood!厩舎も毎年重賞勝ち馬を出している。(POG期間中ではないが。。。)

成績(0-0-0-0) デビューできずorz
厩舎は重賞勝ち馬を出しているけどPOGではイマイチだったか。。。

とりあえず今回はここまでにするけど、一応いくつか教訓めいたものはでてきたように思うのでここに列挙しておこう。
◯兄や姉が活躍したからといって安易に飛びつくのは考えもの。トレンディな種牡馬でなければ狙いを下げたほうが無難か(エースドライバ、アルフェロア、ベールドインパクトの教え)
◯クラブ馬主は社台RH、サンデーRを中心に。キャロットFは上位指名しない方が無難か。。。(エースドライバの教え)
◯個人馬主は吉田一族以外はPOG向きではない傾向あり。(カフェルネッサンスの教え)
◯重賞勝ち馬を出している厩舎でもPOG期間中の成績は要注意!(コンパルソリーの教え)

次は6位以降の馬を検証するとしようか。。。
posted by Pochi at 16:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

キルトクールPOG・ドラフト回顧(にゃんこ祭り!)

先週の土曜はキルトクールPOGドラフトでした。場所は京王府中駅近くの養老乃瀧。
行ってみるともう数名の方がこられていました。自己紹介があって、楽しみにしていた古の神々とのご対面!
でも今となってはほとんど顔も名前も忘れている感じ。w

さてドラフト当日で気変わりしてとった馬が数頭いたわけで、きょうはそのあたりを紹介したい。

3位指名 【アルファロア】
※事前作成資料では指名順19番目
父 シンボリクリスエス 母 マルカキャンディー(母父 サンデーサイレンス)
兄 ベルシャザール
母の出産時馬齢13歳
馬主 吉田照哉
厩舎 戸田博文
生産 社台ファーム

大幅ジャンプアップ!馬主、厩舎、生産とも文句なし。母父サンデーもOK。ただどうやらこちらをみるとシンボリクリスエスはイマイチらしいのだが。。。
2011〜2012キルトクールPOG総括。。。
ただやはりこれだけ大挙していい肌馬に付けられていることは見逃せないところ。ブレークする方に賭けてみたい。

4位指名 【ベールドインパクト】
※事前作成資料では圏外だった。
父 ディープインパクト 母 ヴァイオレットラブ(母父 ドクターデヴィアス)
姉 コイウタ
母の出産時馬齢12歳
馬主 有限会社社台レースホース
厩舎 大久保龍志(関西)
生産 社台ファーム

今回指名の唯一のディープ産駒。馬主、厩舎、生産とも問題なし。姉は重賞勝ちがあり桜花賞3着と活躍した。
まず文句ないところだ。ある意味よくとれたなぁと思ったりする。

8位指名 【サンリットレイク】
※事前作成資料では指名順15番目。
父 ファスリエフ 母 サンウィルシャイン (母父 サンデーサイレンス)
兄 マシュリク
母の出産時馬齢11歳
馬主 吉田勝己
厩舎 勢司和浩(関東)
生産 ノーザンファーム

ドラフト会場が??に包まれた馬。父はヌレイエフ×ミスプロの血統で無敗(5戦5勝)で引退した馬。母父がサンデーでもあり、「もしかしてやってくれるかも!」という期待はある馬だ。(兄のマシュリクは芝で4勝)

10位指名 【フロムクローバーズ】
※事前作成資料では指名順18番目。
父 ダイワメジャー 母 フェリシア (母父 グラスワンダー)
母の出産時馬齢7歳
馬主 有限会社サンデーレーシング
厩舎 上原博之(関東)
生産 社台ファーム

馬主、厩舎、生産はOK。母フェリシアもPOG期間中に重賞勝ちがある。新種牡馬ダイワメジャーの唯一の指名馬。そして唯一の牝馬だ。

さて次の土日から新馬戦が始まるので、楽しみ倍増ですね。

さて2回目は2頭指名できるので、UMAJIN POGで全頭リストをこまめにチェックすることにしよう。おいら的にはとりたい馬は4頭〜5頭いるのだ。
posted by Pochi at 20:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

キルトクールPOG・ドラフト回顧(事前準備編 その2)

リアルPOG・キルトクールPOGドラフト 事前準備編・その2です。

7) 【ククナッツレイ】
父 ディープインパクト 母 シェルズレイ(母父 クロフネ)
母の出産時馬齢は6歳
馬主 金子真人ホールディングス株式会社
厩舎 松田国英(関西)
生産 ノーザンファーム

血統、馬主、厩舎、生産とも文句なし。2年目も走りそうなディープインパクト産駒。今から思えばもっと早い巡目でとっておけばよかったかと。。。1巡目に消えた。

8) 【ベルシエロ】
父 ダイワメジャー 母 ディーバ(Crafty Prospector)
兄 サンカルロ
母の出産時馬齢12歳
馬主 有限会社社台レースホース
厩舎 大久保洋吉(関東)
生産 有限会社社台コーポレーション白老ファーム

新種牡馬の中で期待ができるダイワメジャー産駒。馬主、生産も問題なし。兄と同じ厩舎というのもいいかもと考えていた。
5巡目に取られた。痛かったかも。。。

9) 【ゴールドヘクター】
父 フジキセキ 母 タッチオブゴールド(母父 ヘクタープロテクター)
兄 ゴールドアグリ
母の出産時馬齢13歳
馬主 株式会社ジェイアール
厩舎 戸田博文(関東)
生産 社台ファーム

生産が社台、厩舎は戸田でPOG期間中の重賞勝ちも多い。
7位でゲット。POG48にも書いてあったけど、フジキセキ産駒は実績があるのに人気がないのでとりやすい。
来年以降も使えるぞ。

10) 【レジェンドウイング】
父 サクラバクシンオー 母 エクラドール(母父 サンデーサイレンス)
兄 マンシュウクロフネ
母の出産時馬齢10歳
馬主 ザ・チャンピオンズ
厩舎 高木登(関東)
生産 神垣道弘

こちらも困ったときの母父サンデーでPOG期間の実績もあるバクシンオー。
ただし馬主、生産が聞きなれない名前で、厩舎も重賞勝ちはなかったので、結局指名せず。

11) 【クランモンタナ】
父 ディープインパクト 母 エアトゥーレ(トニービン)
兄 キャプテントゥーレ
母の出産時馬齢12歳
馬主 有限会社社台レースホース
厩舎 音無秀孝(関西)
生産 社台ファーム

POGで人気になりそうな典型の馬。キルトクールPOGでも1位指名で3名が競合。

12) 【スノードン】
父 アドマイヤムーン 母 スノーリンクス(母父 Lemon Drop Kid)
兄 ヒマラヤ
母の出産時馬齢7歳
馬主 H.H.シェイク・ハムダン
厩舎 安田隆行(関西)
生産 ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

こちらも活躍が期待できる新種牡馬アドマイヤムーンの産駒。ドバイのモハメド殿下の息がかかった馬で怪しさもあるが、厩舎がいいので狙ってみた。9位で指名できた。

上位12位までにピックアップした馬で、あえて指名しなかった馬が3頭、他に指名された馬が4頭。
ということで、代わりに5頭を指名したわけだけど、2位指名のローゼンケーニッヒは紹介済みなので、残り4頭を次回に紹介します。
ふう疲れた。またあした。
posted by Pochi at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

キルトクールPOG・ドラフト回顧(事前準備編 その1)

昨年から始めたPOGですが、なんとUMAJIN POGではチーム最下位にもかかわらず、今年は猛獣たちの餌になりそうなリアルPOG・キルトクールPOGに参戦することになりました。
このPOGってすっげーレベルが高くて、11年はオルフェーヴル、レーヴディソール、10年はアパパネ、ローズキングダム、9年はブエナビスタ、ロジユニヴァースをばしばしと指名。
こんな猛獣だらけのPOGに参戦するんですから、戦略をたて、準備をしないとあっという間に食い殺されてしまいます。

かといって初心者のおいらは何をすればよいのやら。。。そんなときに出会ったのがPOG48というメタモル出版の本。
この本からいくつかのポイントをピックアップしたわけです。
◯ヒット狙いに重きをおいて選択すべし。要は勝ち上がりの率が高い産駒を狙うこと
◯POGなら社台グループ
◯長打狙いの馬も選ばないと面白くない。
◯新種牡馬も交えてバランスよく指名すべし
◯母は馬齢の若い馬(14歳まで)を狙うべし

これらを念頭において事前にピックアップした12頭というのが以下のような馬
1) 【エースドライバー】
父 フジキセキ 母 カツラドライバー(母父 ニホンピロウィナー)
母の出産時馬齢は11歳
姉 エフティマイア(桜花賞、オークス2着)
馬主 キャロットファーム
厩舎 鹿戸雄一(関東)
生産 ノーザンファーム

確実性ならばフジキセキとサクラバクシンオー。ここはフジキセキを選択。母方も活躍馬をだしているし、厩舎も悪くない。

2) 【バブルジェット】
父 サクラバクシンオー 母 レミニセンス(母父 サンデーサイレンス)
母の出産時馬齢は9歳
馬主 魚住啓市
厩舎 田島俊明(関東)
生産 社台ファーム

確実性でサクラバクシンオー産駒を選択。困ったときは母父サンデーサイレンスが今のPOGの主流。
生産が社台というのもGood。でもドラフト当日、馬主、厩舎がイマイチと気づき結局指名しなかった。

3) 【トーセンシーザー】
父 ディープインパクト 母 シェンク(母父 Zafnic)
兄 マルカシェンク
母の出産時馬齢は13歳
馬主 島川隆哉
厩舎 加藤征弘(関東)
生産 社台ファーム

一発狙い!良血でしかも今年あたり馬名同様大当たりを引きそうな島川オーナの馬。実はドラフト当日にこの馬以上にローゼンケーニッヒに魅力を感じ、当日は2番手にローゼンを指名。こっちはあっさり2巡目で消えてしまった。

ちなみに2番指名でとったローゼンケーニッヒとはこんな馬
【ローゼンケーニッヒ】
父 シンボリクリスエス 母 ローズバド (母父 サンデーサイレンス)
兄 ローズキングダム
母の出産時馬齢は11歳
馬主 サンデーレーシング
厩舎 橋口弘次郎(関西)
生産 ノーザンファーム

良血で馬主、厩舎、生産も文句なし。一発狙いはこの馬!

4) 【エリモゲイル】
父 メイショウボーラー 母 パディントン(母父 スキャターザゴールド)
馬主 山本敏晴
厩舎 田所秀孝(関西)
生産 エクセルマネジメント

新種牡馬からはメイショウボーラ産駒を。現役時代、馬券でお世話になりっぱなしだったからなぁ。しかし当日「キルトクールPOGはダート馬不利」と聞いてあえて消した。泣いて馬謖を斬るとはまさにこのこと。

5) 【カフェルネッサンス】
父 フジキセキ 母 ミルグレイン (母父 Polish Precedent)
兄 ファイングレイン
馬主 西川光一
厩舎 松山康久(関東)
生産 社台ファーム

確実性を狙ってフジキセキ産駒を。高松宮記念馬・ファイングレインの全弟という良血。ドラフト当日は取られることはないと見て5番目に回し、一発狙いの超良血馬を上位指名することに。。。

6) 【コンパルソリー】
父 サクラバクシンオー 母 ホリデイオンアイス (母父 ダンスインザダーク)
馬主 吉田照哉
厩舎 庄野靖志
生産 社台ファーム

こちらもヒット狙いのサクラバクシンオー産駒。母父はサンデーの子。馬主と生産はGood!厩舎も毎年重賞勝ち馬を出している。(POG期間中ではないが。。。)


まだまだ書きたいが、今日は疲れたのでこの辺で。また続編書きますので。
posted by Pochi at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

POG2011-2012基本戦略(1) - 前年の反省(1) -

昨年度から参戦したPOGだけど、はっきり言って初年度は失敗といっていい。
ネットPOGでの参戦だけど、結果としてはこんな感じ。
[UMAJIN]
パティオ      1-1-1-0-0-8(11)
アルゴリズム    1-1-0-2-0-3(7)
ロジッツェル    0-2-0-1-0-0(3)
マギストラ     0-1-0-0-0-2(3)
イイデタイガー   1-0-0-0-0-1(2)
インパクトゲーム  1-1-0-0-0-0(2)
メイショウオオゾラ 1-2-0-0-0-1(4)
ダノンバラード   2-0-2-0-0-1(5)
ロングスローイン  1-2-0-0-0-1(4)
ミッキーオーラ   0-1-1-2-0-2(6)
[NetKeiba]
ディープサウンド  2-1-1-1-0-2(7)
フェアープライド  1-0-0-0-0-2(3)
ロザージュ     0-0-0-1-0-4(5) 地方0-4-0-0-1-0
マリーシア     0-0-0-0-0-2(2)
ウインスティング  0-0-0-0-0-1(1)

こうやってみると、一つの傾向が!
社台ファーム生産馬をとってない!
意図的ではなかったが、この点は大きな戦略ミスだったのではないかと思う。
多数の人に指名されている馬を避けるというのは悪い戦略ではないが、機をてらいすぎた感じもする。

今年は社台ファーム生産馬はマークしておきたいところ。(バランス重視で3割から4割くらいはいれておきたいところ。)
次回は馬主と厩舎から考察してみよう。
posted by Pochi at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする