2013年02月10日

回答! 近代麻雀からの挑戦状!

2月13日には少し時間はあるんだけど、忘れてしまいそうなのでこのエントリを。
それにしても最近ホントに物忘れがひどくなった。
それだけにiPhone(リマインダアプリ)は必須。(ただそれ以外ではiPhoneはほとんど使っていないけど(笑))

さて答えだけれど、皆さんわかりました?
問題はこちらのエントリ

【答え】最大34面待ち。
34面待ちっていうのは何が来てもOKということ。
ではそのシチューエーションは?
前のエントリでコメントいただいたD-之介さんが
公九牌を持った役満テンパイで、流し満貫テンパイであれば何を持ってきてもOK
つまり34面待ちですね。

と書かれていますが、まさにそのとおり。

ただ少し抽象的なのでわかりやすい例を挙げると、
◯マンズの九蓮宝燈の9面待ちをテンパイ、そして捨て牌が全部字牌
っていうのがわかりやすいかな。これならマンズなら何を自摸っても高目の役満(九蓮宝燈)の完成。和了り牌以外の何を自摸っても一万か九万を捨てれば、流し満貫の完成となるわけです。

『普通に考えれば国士無双の13面待ちが最も待ちが多いが、それでは安目満貫は満たさない。
次は九蓮宝燈の9面待ちで、でも安目は面前清一色だから最低でも跳満で。。。』
という思考回路になったら出題者の思う壺。
手牌だけをみて、「ああでもない、こうでもない」って考えていたら答えは出てこないっていいたいわけ。

実は最初おいらは20面待ちだと思ったんだよね。つまり上の例で字牌とマンズを自摸れば条件を満たすと思ったわけ。
でも実際の劇画で主人公(ヒロ)より先に「イカレた答えだよね」っていって正解を出してしまう人が登場する場面をみて、違和感を憶えてもう一度考えて、34面待ちに辿り着いたんだけど。

最後に、2月15日発売予定の近代麻雀の展開を予想してみる。
何者かに拉致された天を探す主人公・ヒロは、麻雀東西対抗戦の予選に辿り着くが、その予選で仲間の裏切りに会い敗退してしまう。
しかし辛うじて敗者復活戦の出場資格を得たヒロは、敗者復活戦に辿り着くためのクイズに挑む。
(そのクイズが問題のやつ)

前号はここで終了。次号では、おそらくヒロは20面待ちを選ぶけれど、昔のアカギとの会話で何かを思い出し、考えなおし34面待ちという答えにたどり着いてくれるとみたんだが。。。

さてどうなるかこちらも楽しみで仕方ないのだ。
posted by Pochi at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

近代麻雀からの挑戦状!

おいらは競馬好きなんですが、麻雀もわりと好きでして。。。(でもヘタクソ)
そんなわけで麻雀雑誌はよく買ってます。その中でも近代麻雀は大好きで毎号必ず買って楽しんでます。
特に「アカギ」、「HERO」のファンです。
で、今回は「HERO」で面白い問題が出ていたので、ちょっと紹介してみましょう。
題して「近代麻雀からの挑戦状」

−−【問題】−−
高目は出和了りできる役満。
安目は満貫でテンパイ。
その時
最大何面待ち
になるか答えよ。
(ただし、リーチやドラなどの場況は一切問わない。)
[ヒント]
ちょっとイカレた答えだよね。
−−−−
ちなみにおいらは答えがわかっちゃいました。

答えがわかった方はコメント欄に書いちゃって下さい。
別に「正解者に何かを提供!」なんてないですが、頭の体操にはうってつけですよ。

正解は2月13日に拙ブログで発表したいと思います。

【2月10日追記】
ちょっと早いけど、忘れないうちに。
回答編はこちら。
posted by Pochi at 21:01| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

【はじめの一歩】観衆が帰りかけた!

世界戦がメインイベントなのに、宮田君の試合が終わったらお客さんが帰るってw
世界2階級制覇チャンプなのに鷹村はすっかり影が薄くなってしまいましたね。
怒りに燃えた鷹村が何をしでかすのでしょうか。
熊の毛皮やカブトムシで登場したりしましたが、今回も登場から試合まで楽しめそうですが。。。
網膜剥離疑惑は大丈夫なんだろうなぁ。

ちなみに来週号のはじめの一歩は作者取材でお休みとな。。。
まぁ再来週を楽しみにしましょう。


posted by Pochi at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

【はじめの一歩】光の戦士、降臨!

今週号のマガジンをみていない人にとってはネタバレもいいところですが、ご勘弁を。

宮田君、勝ちましたね〜!
決着をつけたのは音速を超えるカウンターでした。
鷹村との合宿で伝授された、『コンパクト・スウィングの捩じ込むようなストレート』がベースになっていますね。

しかしこの試合であんなにぼろぼろになって。。。宮田君は今後どうなるんでしょうか。

ところでおいら今週号をみているうちにある曲が頭の中に浮かびました。
「光の天使 CHILDREN OF LIGHT」 ローズマリーバトラー
この曲です。


ちなみに今もこの曲が頭の中をめぐっています(笑)

さて、「はじめの一歩」の今後ですが、
  • 一歩君と宮田君の対戦はあるのか?
  • この試合の直後の鷹村の世界戦は大丈夫なの?(網膜剥離疑惑です。)
    あたりが気になるところですが。。。
    今後もますます目が離せません。
  • posted by Pochi at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年03月07日

    【はじめの一歩】うぉ〜立った〜

    といってもアルプスの少女ハイジのクララのことではありません。

    【はじめの一歩】ついに決着!の記事の最後の一言
    でもまさかランディーが立つんじゃないだろうなぁ。。。

    が現実に!
    あの凄まじい宮田君のカウンタを喰らいながらランディーボーイJrは阿修羅のごとく立ち上がってきました。
    いやぁ〜すごいですねぇ。予想外の展開です。
    頭のほんの片隅でしたけどおいらがこう思った理由は、宮田君の肋骨が折れていたからなんですが。。。
    そしてラストコンタクトの瞬間で今週は終わり!
    来週こそ決着がつくんだろうなぁ。これ以上引っ張ると興ざめになってしまうので何とか決着させてほしいんだけど。。。
    posted by Pochi at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年02月27日

    【はじめの一歩】ついに決着!

    予想外の結末でしたが。。。

    宮田君、渾身のカウンタ炸裂〜!
    子供の頃の宮田君の姿がダブっておもわず目頭が熱くなりました。

    それにしても壮絶な結末でしたね。
    宮田君はランディーボーイJrを倒すものの、右脇腹付近の肋骨を完全に粉砕!
    へたするとこのまま引退のような重症にみえますが。。。

    で、おいら今はこういう結末を想定しています。
    この試合で宮田君はボクシングを引退せざるを得なくなるが、宮田君の母親が現れ、宮田君は家族を取り戻すんじゃないかと。

    でもまさかランディーが立つんじゃないだろうなぁ。。。
    posted by Pochi at 13:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年02月26日

    ジェネラル・ルージュの凱旋(上)を読んだ!

    ジェネラル・ルージュの凱旋(上)をやっと読み終えました。
    作者の海堂尊って医者なのね。
    実は読み終えてから知りました。(遅っ)

    ただ頭の中に実際の病院の場面のイメージが浮かんできやすかったように思ったのは、現場を知っている人が書いたということが原因の一つなのかもしれませんね。

    それにしても上巻で誰かが死ぬのかと思ったんですけど。。。

    とにかく下巻でどのような展開を見せるのかが楽しみです。

    映画を楽しみにしている人には申し訳ないが、あえて一つだけネタばらしを。
    田口先生は映画では竹内結子が演じるだけあって女性の設定なんですが、小説じゃ男だぞ〜おい!
    posted by Pochi at 20:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年02月19日

    【はじめの一歩】宮田一郎.VS.ランディーボーイJr戦 勝負の帰趨がみえた!?

    『はじめの一歩』宮田一郎とランディーボーイJr戦ですが、いよいよクライマックスのようです。
    宮田君は起死回生?のアッパーでランディーの弱点をみつけます。
    「宮田君の右アッパーに対して必ず左を撃つ」
    カウンターパンチャーには実においしい展開です。

    しかしおいらはこの勝負、ランディーボーイJrの勝利と読みました。

    理由は、伊達英二がリカルドマルチネスに負けたときとそっくりの展開なので。。。

    宮田君、渾身の一撃を放つもわずかに及ばずの図が見えてくるんですよ。

    さぁどうなるか。来週号が待ち遠しいです。
    posted by Pochi at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年02月02日

    【はじめの一歩】皆さん忘れてはいませんか?今後に関わる大きな話題を。

    はじめの一歩ネタですが、今日は宮田君ネタではないネタを。

    デビッド・イーグル戦で2階級制覇を達成した鷹村守のお話です。
    あいかわらずバカをやり続けながらも、超人的な強さでミドル級のタイトルを防衛し続けているんだけど。。。

    皆さんは覚えているだろうか?
    デビッド・イーグル戦前の鷹村の網膜剥離疑惑を!
    デビッド・イーグル戦であれだけの試合をしたことで心配はないような感じになってはいるのだが。。。

    しか〜し、おいらは「鷹村の眼の悪化は進行している」と思えて仕方ないのだ。
    そしてある日衝撃的な幕切れが。
    うぅぅ。。。
    おいらは鷹村のキャラは好きだからこういうことは考えたくないんだけど。。。

    そしてその衝撃的な幕切れは、鷹村にあこがれてボクシングの世界を目指した一歩や、鴨川会長にも大きな影響を与えそうな気がして仕方がないのだ。
    posted by Pochi at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月31日

    【はじめの一歩】宮田一郎.VS.ランディーボーイJr.戦 宮田が化ける!?

    はじめの一歩ネタです。
    宮田君は敗色濃厚なのに。。。何なんでしょ。この期待感。
    「一皮むいたらこんな雑なボクサーになっちまうとはな」
    って対戦相手がつぶやくんですがぁ。。。

    そういえば宮田君はあこがれの父親のスタイルで世界を取るって言ってましたけど。。。
    そのために本来の自分を封印したような気がします。
    でも宮田君の真の姿はどうなんでしょう。
    もしかしたら今回はまた新しく進化した姿を見せるかもしれません。

    一歩もそして宮田君の父親もその進化を感じ取っているんじゃないでしょうか。
    だからこの二人から台詞がなくなりました。

    来週号が楽しみになってきました。
    posted by Pochi at 09:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月23日

    【はじめの一歩】宮田一郎.VS.ランディーボーイ.Jr戦 まだ終わらないぞ!

    はじめの一歩、宮田一郎.VS.ランディーボーイ.Jr戦
    宮田君、ランディーに滅多うちにされ、2度目のダウン!
    いよいよ敗色濃厚に見えるのですが。。。

    しか〜し。。。
    今週号のマガジンの最後で、宮田君はアッパーともジャブともいえない半ば捨て鉢とも思えるパンチを繰り出すのです。
    そう!このパンチこそが対ランディー戦・宮田陣営の秘密兵器のはず。

    おそらくランディー陣営の情報網にかからなかったパンチです。
    宮田君の予想外のパンチがきっとこの試合に新しい展開を見せてくれるに違いありません。

    括目せよ!
    posted by Pochi at 12:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月17日

    小説短評 内田康夫「鯨の哭く海」

    小説を読むこと自体、かなり珍しいおいらなのですが、たまには読書も悪くないと思い、手っ取り早く選んだ作品がこれ。
    タイトルにあった「鯨」というキーワードで思い出したのは、捕鯨を妨害するシー・シェパードという組織のニュース。
    それと「浅見光彦シリーズ」ということでテレビ番組でも何度かみたことがあり、馴染みがあったのも選んだ理由ですね。

    事件を簡単にかいつまむと。。。
    ----
    事件の舞台は捕鯨の町・和歌山県太地。
    なぜかプロローグは鯨はおろか海とも無縁の秩父。
    「秩父夜祭り」の翌日一人の男の死体が発見される。

    さて主人公の浅見光彦は警視庁刑事局長の弟の設定であり、雑誌記者でありながら鋭い推理力で解き明かすいわゆる名探偵。
    雑誌社からクジラに関するルポの仕事依頼を受け、太地町を訪ねる。
    そこでみかけた勢子舟の模型の勢子の背中に突き立てられた銛、そしてそれを見つめる女性。そしてそこで知った心中事件
    山の街「秩父」と海の街「太地」の事件が複雑に絡み合い事件は展開していく。。。
    ----
    という感じ。詳細は小説を見ていただくとして。。。

    この小説で浅見光彦のイメージって結構変わりましたね。
    TVでは榎木孝明や沢村一樹が演じていましたが、なるべく先入観を外して小説だけから想像した人物像は、どちらかといえば、ビートたけしのような感じ。
    結構ズバズバものを言う人で、KYな感じはするけれど、どこか憎めないところがあるっていう感じかなぁ。

    ただ何だか読みにくく感じたのはなぜ?

    おいらは小学生の頃はけっこう本を読んでいて、実はコナンドイルの「シャーロックホームズ」シリーズはかなり読んでたんだよね。
    今でもストーリーを憶えている作品もあるんです。
    ※ちなみにおいらは小学校時代にシャーロックホームズシリーズの「盗まれた秘密設計図」の読書感想文で県知事賞だったかをとったこともあったりしました。(おぉ〜今明かされた、知られざる過去!)

    そんなわけだから推理小説は読みなれているはずなのに。。。
    もう一冊くらい内田康夫作品を読まないと理由はわからないかもしれませんね。

    ちなみに今回推理した犯人ははずれでした。orz
    ということで、興味の湧いた方は読んでみてはいかがでしょうか。
    posted by Pochi at 01:16| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月14日

    【はじめの一歩】宮田一郎.VS.ランディーボーイJr.戦 宮田敗北濃厚?!

    宮田一郎、ランディーボーイJr.にボコられてます。
    5ラウンドに入って、減量によるスタミナ切れ、肋骨骨折、ダウンのダメージの三重苦で滅多打ちにあっています。
    もはやこれまでか?

    しか〜し、このまま終わるとも思えない!
    まだ逆があるのではないか。そう!宮田君にはまだパンチが残っているはず。

    がんばれ!宮田一郎!
    一歩が待っているぞ〜。
    posted by Pochi at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月07日

    宮田一郎.VS.ランディーボーイJr戦 佳境に

    はじめの一歩 宮田一郎.VS.ランディーボーイJr戦がいよいよ佳境に入ってきました。
    アバラをもっていかれた宮田君、ついにダウンしちゃいましたよ。
    それもアゴをかすめる一発だけで。。。

    ここで衝撃の事実が明白になります。

    「宮田一郎はグラスジョーだった」

    そういえば一歩.VS.宮田のスパーリング・第2戦(たしかコミックス第2巻のはず)で一歩の最後の力を振り絞ったアッパーがわずか1センチ、宮田君のアゴを捉えてKO勝ちするんですが、その場面を思い出しましたよ。

    ランディーのマネージャ・サカグチの作戦がここまで功を奏しているのですが、はたしてこれで終わってしまうのか?
    宮田一郎、奇跡の逆転があるのか?
    興味は尽きません。

    posted by Pochi at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年11月29日

    久々に 宮田一郎.VS.ランディボーイJr戦

    ひさびさに一歩ネタを。
    「はじめの一歩」は今まさに宮田一郎.VS.ランディーボーイJr戦の真っ最中。
    ジョルト直撃でもうダメかと思ったランディーでしたが、左右両利きで立ち位置を微妙にスイッチする技で致命的なダメージを受けずにすんだようで、ようやくダメージも抜けて反撃開始!!
    ついにボディーブローで宮田君の肋骨をもっていってしまった。
    宮田君大苦戦の予感がします。
    そしてもしかしたらこれが宮田一郎最後の試合になるかもしれないという予感がします。
    選手生命と引き換えにランディーに勝つのだという気がするんですが。。。
    幕の内一歩.VS.宮田一郎戦はやはり見れないのかもしれませんね。
    これからも注目です。刮目せよ!!

    【関連記事はこちら】
    続々・宮田一郎対ランディーボーイJr.戦
    続・宮田一郎対ランディーボーイJr.戦
    これで終わりだったら拍子抜けなんだけど。。。 - はじめの一歩 宮田一郎.VS.ランディーボーイJr -
    posted by Pochi at 12:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年09月28日

    続々・宮田一郎対ランディーボーイJr.戦

    宮田くんの想いの丈をこめたジョルト(Jolt)がまともにランディーに直撃!!
    ホントにこれで終わってしまうのか。。。耐えるんだ!!ランディー!!
    posted by Pochi at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年09月17日

    続・宮田一郎対ランディーボーイJr.戦

    いやぁランディー立ちましたよ。
    でもダメージありあり。
    宮田くんは一気にジョルトで勝負に出たみたいだけど、ここでランディー大逆転の一発を期待するんだが。。

    さて月曜日のボクシングは面白かった!
    西岡利晃はよかったなぁ。感動しちゃいましたよ。
    それから新井田を倒した挑戦者、ちごいね〜。バケモンだわ。
    世界は広い!
    posted by Pochi at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年09月11日

    これで終わりだったら拍子抜けなんだけど。。。 - はじめの一歩 宮田一郎.VS.ランディーボーイJr -

    おいら、毎週少年マガジンをチェックしているんだけど、それはこの漫画があるから。
    「はじめの一歩」

    で、今この漫画は一つの山場を迎えているんです。
    それが主人公・幕の内一歩のライバルでもありあこがれでもある宮田一郎の因縁の対戦「対ランディーボーイJr」戦

    おいらもっと壮絶な試合になって、その結果、宮田一郎の敗北を予想したんだけど。。。
    今週号は2ラウンドに、アゴをピンポイントで撃ち抜く悪魔のカウンタでランディーボーイJrはあっさりとダウン!!
    なんだかこれで試合が終わってしまいそうな雰囲気。
    もしこれで終わっちゃったら拍子抜けだなぁ。

    立て!!ランディーボーイJrよ!!
    これだと面白くないぞ〜。森川先生、ランディーを立たせちくり〜〜
    posted by Pochi at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミックス、小説、雑誌ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする