2004年03月13日

競馬データベースの仕様を考える。 - その1 -

競馬データベースを作る上で、まず最初に決めなければいけないのは動作環境だ。
実はこの点については私は既に決めていたのだ。
たった一つだけ問題点はあるのだが。。。

OSはWindowsに拘らずに作りたい。(脱Microsoft計画にも関わる)
Unix系OS(Linux)も視野に入れるということ。
とすれば答えは限られてくる。

ブラウザで動作するソフトにするということ。
そこで開発環境は以下で行くことにしよう。

プラットフォーム:Windows(Linuxも可)
Webサーバ  :Apache
プログラム言語 :Perl(PHPにも挑戦してみたいが。。。)
データベース  :MySQL

仕事でPerlを使ってCGIを作った事もあるからこの環境で良いだろう。

ただ最初にも少し触れたけど1つ問題点がある。
このソフトはデータ入力はJRA-VANのデータを自動的に取り込む方法で行こうと思っているのだが、JRA-VANのデータはLZH形式の圧縮データであり、どうやって解凍して取り込むかということ。

次回はこの解決策を。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。