2012年10月10日

競馬版・ドーハの悲劇、ここに再現!でもオルフェは強かった! - 凱旋門賞回顧 -

いやぁ〜 やっとフランス旅行から帰国して荷物も整理できて、明日からの仕事の準備もできました。
というわけで、今年のフランス旅行の最大目標の凱旋門賞の報告です。
まぁ皆さんもレースはTVでご覧になったと思うので、現地のナマ情報を。

前半4日間を過ごしたニースからパリへ移動したのが、10月6日。
翌朝は凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場へ。
どうやっていくかですが、一番簡単な方法は
メトロ1号線 ポルト・マイヨ駅下車

ロンシャン行き無料送迎バス乗車
無料送迎バスはこんな感じ。
IMG_0217.JPG
というわけで一路ロンシャン競馬場へ。
フランスの競馬は11時開門、1時半からレース開始なんで少し余裕を持って行っても大丈夫かと。
ちなみにおいらは10時発のバスに乗ってました。(馬以上の入れ込み具合です。(笑))
で、昨年との大きな違いは、バスの乗客のほとんどが日本人客。
さすがオルフェへの期待度が大きいことが伺えます。
そしてロンシャン競馬場に到着。そしてこれがレースのロゴ?
IMG_0218.JPG

入るといきなり美女がお出迎え。
IMG_0221.JPG

実はこの写真を撮っているときに、TVカメラで横顔を超ドアップで撮られた。
まさかそれがフランスで流されたとは思えんが。。。フランス人もTVで流していいものといけないものの区別はつくだろう。(笑)

まず最初に探したのはレープロ。こんなやつです。それと帽子も無料で配ってくれているのでゲットしておきましょう。
IMG_0267.JPG

それからお昼ですが、セレブが集うレストランもあるのですが、パンピーはこちらのカフェがいいでしょう。
IMG_0224.JPG

15ユーロでパスタとサンドイッチ(パニーニ)とコーヒーをオーダできたんですが、競馬場の食事にしてもお高めかなぁ。。。

いよいよレース開始ですが、凱旋門賞は6レースで16時25分発走です。
1レースはローカルハンデ戦、さしずめ日本でいえばオープン特別のハンデ戦でしょうか。
しかしおいらは困ったもので、レースがどうこうというよりどうしてもフランス女性に目が行ってしまいます。(笑)
IMG_0229.JPG

こちらは5レースだったかの表彰式に登場した女性たちです。

さていよいよお目当ての凱旋門賞です。
おいらの購入馬券はおいらの夢が叶う日 - 凱旋門賞予想 -と同じです。

ちなみにフランスの馬券ってこんな感じですよ。(これはオルフェーヴルの単勝馬券です。)
IMG_0266.JPG

レースについては日本でも放映されたことでしょうし、Youtubeにもアップされているでしょう。
ですからここでは現場がどんな感じだったを(恥を忍んで)アップしてみました。
おいらのレース前後、レース中の気持ちを伝えるには言葉よりも動画をみていただくのが何よりかと。
おっさん、絶叫する(凱旋門賞2012ライブ)

もうねぇ〜なんちゅうかね。。。まさにドーハの悲劇そのもの。。。
「オルフェが勝って夢が叶う!」と思った瞬間、ゴール寸前でするりと逃げた!orz
なんてこったいドンガバチョ!
real_dongavacho.jpg

こんなに悔しかったのも久しぶりだなぁ。
ちなみにオルフェーヴルがゴール前で明らかによれてましたけど、脚を痛めたなんてないと思いますよ。

動画にもあるように引き上げてくるときはけっこう元気いっぱい走ってきましたから。。。
先頭に立って遊んだというのが正しそうです。それにしてもまさか凱旋門賞のゴール前で気を抜いて負けるとは。。。まぁ最後の直線でごぼう抜きでやってきたあの鬼脚も含め、実にオルフェーヴルらしいレースだったと言えそうです。
負けたとはいえおいらは敢えていいたい。『オルフェは最強の馬である』と。

凱旋門賞が終わったら日本の方はさっさと帰ってしまったのですが、おいらは最終レースまで競馬やりましたよ。だって競馬好きですからね。

最終的には5レースやって42ユーロ使って全滅ではありましたが、競馬にどっぷり漬かった実に楽しい1日でした。
最後までレースをやっていたお陰でこういう美人にもあえましたし。
IMG_0238.JPG

さて、オルフェーヴル陣営は来年の挑戦もほのめかしていますが、ぜひとも出走してリベンジを果たしてほしいものです。
あっ!そうそう、来年はロンシャン競馬場の大改修が行われるため、シャンティ競馬場で行われるようです。
(フランスもあるんですね、代替開催って。)
もちろん来年も、いや日本馬が凱旋門賞を制覇する瞬間を必ずこの目で、そして現場で目撃するのだと、もう一度固く心に誓ったのでした。
posted by Pochi at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬予想&回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック