2012年06月03日

キルトクールPOG・2012-2013ドラフト回顧(その1)

だいぶ時間が経っちゃったけど、ちょっと振り返っておくべか。。。
当日は昨年同様、府中の養老乃瀧でドラフトだったんですが、なんせ当日はダービーデー。
リアルPOG馬・ベールドインパクトの出走とあって現地に応援へ!
で、ベールド君は9着だったんですが、あとでビデオをみたら勝ち馬ともさほど差が開いてなかったから、秋に期待が持てる内容だったかと。。。
リアルPOG初年度でしたが、ダービー出走馬とオークス出走馬を出したので、上々ではなかったかと。
今年もまた活躍馬がでてくれたらいいなぁ。。。

というわけで今シーズンの指名馬を。他のメンバの指名馬はひろく〜ん。。。が紹介してくれると思いますので、複数の目線があっても面白かろうということであくまで自分目線で。

まずおいらはこのドラフトの大事なルールを忘れてた。それは「関西馬は6頭まで」
かなり焦ったけれど、、、実は事なきを得ることになる。
第1位 アドマイヤフォー
父:ディープインパクト 母:シーズオールエルティッシュ(母父:Eltish)
母出産時馬齢:5歳
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一
厩舎:橋田満(栗東)

予定指名順も1位。3年目とはいえディープの子供はおさえないとね。この馬を選んだ一番の理由はヘイロークロス!(といっても青本の受け売りだがw)
人のラインもほぼ問題なし。
この巡目で消えたのは、今日世代最初の新馬勝ち馬になったトーセンパワフル。(4位指名予定)
なぜ4位にしたかは兄がロジユニヴァースで、今年の方針「近い年に活躍しすぎた兄弟がいる馬は狙いを下げる」に従ったから。これは大博打だ。
第2位 エキサイトゲーム
父:ダイワメジャー 母:グッドゲーム(母父Fly Till Dawn)
姉:インパクトゲーム
母出産時馬齢:13歳
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
厩舎:橋田満(栗東)

予定指名順も2位。今年2年目の種牡馬でおいらが期待したのはダイワメジャー。姉のインパクトゲームは2年前のPOG(ネットPOG)で指名した馬。いわば縁故採用。w姉の分も頑張ってもらおうということで。奇しくも橋田厩舎ワンツーになったが。。。
ちなみに10位以内指名予定馬でこの巡目で消えた馬はいなかった。
第3位 アルバタックス
父:キングカメハメハ 母:タックスシェルター(母父:フジキセキ)
兄弟:ヘヴンリークルーズ
母出産時馬齢:12歳
生産:社台ファーム
馬主:社台RH
厩舎:石坂正(栗東)

予定指名順も3位。昨年は種牡馬3年目で活躍馬を出せなかったキンカメだけど、今年はローキン、アパパネの年に種付けされた産駒(のはず)だから期待度は大きいはず。リストアップしたキンカメ産駒でクラブ募集金額が5000万と最高金額で生産、馬主、厩舎とも実績じゅうぶん。
ここでも10位以内指名予定馬で消えた馬はいなかった。

さてここからは予定指名順を変更して、関東馬を5頭連続で指名することになるんだけど。。。
なんといっても昨年のドラフトから合計15頭、ただの1頭も指名馬がかち合わないのだから、関西馬を指名しなくても取られる心配は100%ありえないと確信!
ここからの関東馬5頭については次回ということで。


posted by Pochi at 00:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。