2005年03月04日

【お知らせ】ドンガバチョ計算式

人事係長・ひろく〜んのサイトに寄せられている「ドンガバチョってどう計算するの?」という疑問につきまして、わたくしPochiより計算式をお知らせしたいと思います。

ご存じない方のために、まずはドンガバチョの由来について書かれた文献を紹介します。
こちらのページをごらんください。
これはキルトクール社初の営業成績発表ですが、この中で
----
>まず、キルトクールの衝撃度をあらわす数字は、、、
>ドン・ガバチョ!
>これは、キルトクールしてしまった瞬間頭を抱えて「なんてこった、、、ドン・ガバチョ!」っと言ってしまうことからきています。。。(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!
----
これが、「ドンガバチョ」の由来です。さてここでポイントとなるのは以下の一節
----
>もちろんこの衝撃度は人気薄がくれば来るほど上がります。
>さらに、2着より1着の方がもちろん衝撃度(ドン・ガバチョ!)は上になります。。。
----
そうです。察しのいい方はもうおわかりですね。
1着ドンガバチョの場合は単勝配当
2着、3着ドンガバチョの場合は複勝配当
となるわけです。
人気薄ならば単勝・複勝配当も跳ね上がるわけです。

さてわかりやすい実例としておいらの2月成績をサンプルとして説明させていただきます。
(別に狙ったわけじゃないですが、説明サンプルとしては実にGoodです。)

まずおいらはこの2月、公式には以下の4頭の馬をキルトクールしました。
----
共同通信杯 マルカジーク(3着)
シルクロードS ギャラントアロー(2着)
きさらぎ賞 コンゴウリキシオー(1着)
フェブラリーS ピットファイター(6着)
----
1着から着外まで1回ずつとまるで図ったように偏りのない結果です。

まず、シルクロードSと共同通信杯は2着と3着ですからドンガバチョは複勝配当で、
マルカジーク 複勝190円→190ドンガバチョ
ギャラントアロー 複勝470円→470ドンガバチョ
となりますね。
で、きさらぎ賞は1着ドンガバチョですから単勝配当となり
コンゴウリキシオー 単勝350円→350ドンガバチョ
となるわけです。
フェブラリーSは0ドンガバチョ
で、合計しますと

190+470+350=1010ドンガバチョ

となり、これがおいらの2月度ドンガバチョとなるわけです。
さぁ皆さんもやってみましょう。
posted by Pochi at 00:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | キルトクール株式会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【重要】KCL株式会社諸注意について!
Excerpt: KCL株式会社社員&準社員の皆様。 いつもキルトクールを盛り上げてくれてありがとうございます。 m( _"_ )m えー、これまで自由なキルトクールを目指し、特にしばりとかな〜んも設けていなかったの..
Weblog: キルトクールブログ
Tracked: 2005-03-04 01:44

キルトクール営業成績1・2月分 まとめ
Excerpt: ドンガバチョの計算方法を知らなかったので【お知らせ】ドンガバチョ計算式を参考に早...
Weblog: バカうま
Tracked: 2005-03-04 22:58