2006年08月02日

亀田興毅、勝った!!

いい試合だったと思いますよ。
亀田興毅とファン・ランダエタの世界戦は一進一退の好試合。
初回にいきなりダウンを奪われ、手数で圧倒されて、負けたかと思ったんですが。。。
しかししかし、2対1のスプリットデシジョンながら世界チャンピオンに!!

ランダエタは11Rでポイントを取り、さすがに世界の底力はすごいなぁと思ったわけですが、最終Rの終了間際に気を抜いたのか亀田のいいパンチをもらいましたねぇ。

1ポイント差ということは案外ここがポイントだったのか?

『ホームタウン・デシジョンだぁ』という声もありますが、これはボクシングの世界では常なわけだし。

『絶対に世界を取れない』といったおいらの予想は見事に外れました。
まぁこれもいわゆる常なわけだし。

それにしても高い世界のレベルをどんな形にせよクリアした亀田を素直にほめてあげようと思います。

これまでいきがっていた亀田の流した涙を見て、彼の本当の姿、彼の本当の心を見たような気がしました。
とにかくおめでとうございます。


posted by Pochi at 22:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ&格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

世界を制した亀パンチ!
Excerpt: 8月2日、いよいよ亀田興毅が世界戦のリングに上がった。 WBAライトフライ級王座決定戦12回戦、相手はベネズエラの ファン・ランダエタ。 第一ラウンド終了間際、亀田はプロ入り後初のダウンを喫し、 ..
Weblog: よろずおしゃべり堂
Tracked: 2006-08-03 00:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。