2010年03月07日

去り行く君に! - ウオッカ引退に寄せて -

この3年間、間違いなく日本の競馬の中心にいた馬。
おいらにとっても想い出に残る馬です。
おいらがキルトクーラのひろく〜ん。。。、るどるふ皇帝さん、こう技術委員さんと初めて出会ったのが、2007年の日本ダービー。
そう!ウオッカが勝った(64年ぶりに牝馬が勝った)歴史的ダービー。
3人ドンガバチョで頭を抱えたことを今でも鮮明に思い出すのですが。。。

あれから3年。。。
2度の安田記念で見せた驚愕のパフォーマンス、日本最後のレースになった昨年のJCでのハナ差の激闘(この日を最後においらは今日まで馬券的中なし)、ウオッカのベストレースといえる(そして体調不良でライブ観戦できなかったことが痛恨の)2008年の天皇賞秋。
阪神JF以外勝ったGIが全て東京競馬場だったという、実に希有な存在でしたね。そしてGI以外の重賞はほとんど勝っていないという点でも。
そういうところもいらにとって気になるところでした。

寂しくないといえばウソになるが「来るべきときが来た」ということであり、「ありがとう」という言葉を送りたい。
自分が果たせなかった海外GI制覇を果たすような子供を産んでほしいと思う。

posted by Pochi at 19:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック