2004年04月12日

競馬データベースの仕様を考える。 - その2 -

今から約1ヶ月前、競馬データベースを作るに当たっての問題点を挙げた。
それは「JRA-VANのデータがLZH形式で圧縮されており、これを解凍してデータベースに組み込むにはどうするか」ということだったが、これが拍子抜けするくらいあっさり解決した。
答えは、Windows(DOS)と同じくLHAを使えばよいということ。
(LHAはLinuxにも移植されているようだ。)
これで動作環境的な問題はクリアされた。

次回から具体的な仕様を考えていく。


posted by Pochi at 23:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬データベースを作ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。