2017年09月24日

旅立ち前の運試し - 神戸新聞杯予想 -

いよいよ2日後に旅立ち。
まぁ荷造りも終わっているから、あとは明日仕事をして当日ちゃんと起きて羽田に行くだけ。(笑)

今日は運試しになりそう。だから今まで当てたことがない馬券(三連単)で勝負。
きょうは神戸新聞杯。いろいろな意味で注目レース。
いつもはキルトクールが最初だがいつもと変えてみよう。

◎キセキ
「凱旋門賞を日本馬が勝つのは奇跡」などといわれているが。。。まるで来週を占うような馬が出てきた。
古馬1000万条件勝ち馬だから同世代ならば十分通用する。
ただしこの馬、菊花賞では用なしだからここが勝負。

〇レイデオロ
ダービー馬。ただしルメールが「100%ではない」と敗戦の弁とも聞こえるコメントを出している。
目標は先(JC)だから付け入るスキはある。

▲エテレインミノル
この馬が最大の惑星。ここで優先出走権を取れたら本番では頭から狙い撃ちたい馬。
「古馬500万条件勝ち+古馬1000万条件惜敗+神戸新聞杯で優先出走権獲得」は2014年菊花賞馬・トーホウジャッカルと同じ。

△カデナ
弥生賞馬。軽視禁物

△サトノアーサー
アルアインの2着の実績あり。侮れない。

△ダンビュライト
武豊のトライアル3着付けに注意。

キルトクールはベストアプローチ
ローズSで飛んだように岩田騎手はG2以上では用なし。

歎称 5
三連単1着固定5→2, 3, 8, 11, 12

レイデオロが連対を確保する可能性は高いが、3着以下に負ける可能性も考え、レイデオロは軸から外し相手馬の1頭とする。
三連単20点。ここで自分史上初の三連単的中を狙う。
posted by Pochi at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | 競馬予想&回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

悲願の向こう側は? - ローズS予想 -

あと1週間で欧州へ。
人間いつどうなるかわからないんだから、行きたいところは行ける時に行っておくべし。

さて凱旋門賞を取り巻く情勢だが、私的には日本馬初の凱旋門賞制覇がかなり現実味を帯びてきているように感じるのだ。
サトノダイヤモンドはG1・2勝馬だが、今年のG1勝ちはなく、トライアルは予想外の敗退。
過去の日本馬にはない一見するとしょぼめの戦歴。でも凱旋門賞はこういう戦歴でこそ勝てるレースかも。
とにかく体調を崩さぬように、来るべき日本馬凱旋門賞制覇の瞬間を堪能したい。

さて日本の競馬も秋競馬が始まり、G1シリーズに向けてのトライアルが佳境。
久々の投稿はローズS。

まずはキルトクールから。ここは当然ファンディーナ
皐月賞に出走したが。その傷は深く、今年いっぱいは復活しない。
鞍上は重賞6勝するもG3しか勝てない岩田騎手。G2は荷が重い。

◎レーヌミノル
桜花賞馬。

〇カラクレナイ
G2勝ち馬。

▲リスグラシュー
昨日のミッキーマインドの損失補填をしてもらおう。

△ミスパンテール
チューリップ賞2着馬。

ワイドボックス 4, 6, 10, 15
三連複ボックス 4, 6, 10, 15

posted by Pochi at 13:43| 東京 ☔| Comment(0) | 競馬予想&回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする